生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険ウィズユー管理人のブログ

エジプト気球事故の保険適用の可否

ニュースにもなりましたが、エジプトで発生した気球事故(被害者の方には心からお悔やみを申し上げます)。
この気球事故が保険の対象になるのかについても話題になっていますが、それは旅行会社が今回の事故について保険対象外といったコメントを出したことによります(その後「対象となる」と訂正しましたが)。

間違いやすいのですが、ここでいう保険とは『旅行特別補償保険』のことで、旅行者が自ら空港やネットで加入する海外旅行保険とはまた別のものになります。
旅行特別補償保険とは旅行会社がかけている保険であり、旅行会社が旅行客にお見舞金を支払う事態になったときに備える保険です。
今回の気球観光がツアーに含まれる活動だったのか、気球会社の過失はなかったのかなど確認が進められていて補償対象内となるかはまだ決定していませんが、お見舞い金が支払われることになると死傷者1人当たりの補償額は600万円程度になるとのことです。


ちなみに個人で加入する海外旅行保険だと今回の事故は補償対象となるのでしょうか。
海外旅行保険には「スカイダイビングなどの危険なスポーツは適用外になる」という免責条項がありますので、今回の気球事故もそれに該当する可能性が高いです。
代理店に相談すれば保険料の割増などで対応できるケースもあるかもしれませんが、通常の海外旅行保険では補償は難しいかもしれません。


ゲンダイネットでは次のような記事も載ってました。
海外旅行保険の加入ポイントも説明されていてわかりやすい記事でした。

【ゲンダイネットより】
エジプトの気球事故で犠牲になった日本人4人の遺族が、ようやくカイロで遺体と対面した。「夫婦で海外旅行でも」なんて考えている中高年には、他人事じゃない。死なないまでも大ケガを負ったら? 補償は? 不安になってくる。

「対外的なイメージを気にする大手ならいざ知らず、旅行会社の補償は、あまりアテにしない方がいいでしょう。ツアー旅行中に負傷しても、主催会社に過失を認めさせるのは大変。数年に及ぶ裁判になることもある。決着するまで、治療費は自己負担です」(旅行業界関係者)

旅行会社に過失があろうがなかろうが、「特別補償規定」に基づいて一定額は支払われるが、ケガの場合で、最高でも40万円(入院180日以上)だ。それ以上にかかった入院費や、現地に駆けつけた家族の渡航費などは、すべて自腹になる。

俺のクレジットカードには海外旅行保険が付帯しているから大丈夫……。そんな考えは甘い。

外務省のHPに、こんな事例が載っている。
〈米ニューヨーク市マンハッタンで、急性虫垂炎で入院、手術後に腹膜炎を併発したケース(8日入院)で7万ドル(約644万円)請求された〉

カード付帯の海外旅行保険の治療・救援費の補償額は、せいぜい50万~200万円程度。物価が安い途上国ならいいが、医療費がバカ高い米国では、どうにもならない。

だったら損保の海外旅行保険にも入るか、となるが、適当に一番安いのに入ると、イザとなって慌てる羽目になる。

「各社によって補償内容は微妙に違います。確認すべき点は、大きく3つある。
(1)保険の適用期間
(2)補償の対象になっている病気やけが
(3)免責事項
――です」(日本損保協会担当者)

たとえば、海外旅行中の病気やケガで、帰国してから病院へ。何日後まで治療費が支払われるか、確かめておいた方がいい。

「(2)は妊娠に関わる、つまり出産とか流産にかかる費用や歯科治療が、(3)はスカイダイビングなどリスクの高い遊びによる負傷が、補償の対象外だったりします」(前出の担当者)

NYで歯科治療を受けると、歯1本につき1000ドル(約9万2000円)という仰天料金を請求されることもあるから、要注意だ。

「先進国に旅行するときは、治療補償額を厚くした方が賢明でしょう。補償額を無制限にすると、保険料は3倍ぐらいになりますが、一考の余地はある」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

いただいたコメント一覧

この記事にまだコメントはついていません。

コメントはこちらから(管理人承認後に掲載されます)

お名前
コメント