生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険ウィズユー管理人のブログ

JOAのホームページリース問題、被害者がリース会社を提訴

2010/05/22[ Webのこと ]

以前にブログでも書いた「JOA倒産によるホームページリース被害」ですが、リース会社の三井住友ファイナンス&リースに対して被害者による提訴が行なわれたようです。
(以前に書いた記事:(株)JOAのホームページ制作で被害にあった方の対処法


私はリース商法自体を否定するつもりはありませんが、ホームページのリース販売に関しては制作会社が倒産したときの「保守管理が受けられなくなる」ことや「サーバーやドメインの管理が不明になる」とかの発注者リスクが非常に大きいというデメリットがあります。事務用品とかパソコンならともかく、アフターフォローの必要なホームページはリース販売に向いていない・・・、というより前述のリスクの事前説明なしに販売してはいけないと思うのです。

またリース会社にも一定の責任はあるのではないかと考えています。
今回の被害では、パソコンやHP制作ソフトをリース商品として納入することで「本当はホームページをリース販売している」実態をカムフラージュしています。パソコンなんて15万円もあれば買えますし、HP制作ソフトだって高くても5万円くらいです。
それを100万円超のリース契約で購入させて、リース会社は知らぬフリをして料金の徴収だけ行なう。
これが果たして正当な取引といえるのでしょうか。販売商品の実態がどうなっているのか、違法性のない契約であることを確認したのか、制作会社の信用力はチェックしたのか? など、リース契約を引き受けるリース会社自身にも瑕疵責任が少なからずあるように思います。


【毎日新聞のニュース記事】
HP作成めぐり、高額リース契約 自営業者ら、大阪地裁に

ホームページ(HP)の作成を巡り100万円以上の高額リースを組まされたが、実際にHPは作成されず債務の支払いだけが残ったとして、大阪府内の自営業者ら4人が10日、大手リース会社「三井住友ファイナンス&リース」(東京都港区)を相手取り、大阪地裁に提訴した。計約300万円の債務不存在確認や、既に支払った計約100万円の返還を求めている。
訴状によると、文化教室を経営する女性(64)は08年8月、IT会社「ジェイ・オー・エー」(横浜市)から勧誘を受け、HP作成と更新作業を依頼。しかし契約形態は請負契約ではなく、「ソフトウエア」を対象にした総額約140万円の高額なリース契約で、連帯保証人をつけることも求められたという。
しかしジェイ社は09年7月ごろから連絡が取れなくなり事実上倒産。HPは完成しないままリース会社に対する債務だけが残されたという。

いただいたコメント一覧

Posted by 山形のJOA被害者さん2010/06/03 20:25

私も同じように制作されないままリース代だけ引き落とされています。本日リース会社のNECキャピタルより電話がありました。当社にも責任があるので今後の支払い分から10%の値引きをしますという内容でした。もちろん断りました。大阪の方と同様提訴します。またリース会社は裁判にかかる費用の法が高くつきますからとご丁寧に忠告までされました。非常に不愉快でした。
また担当者は「JOAにリース契約を委託しておりましたがJOAより当社も騙されたんですよ」とまで話していました。リース会社は値引でごまかそうとしているようです。

Posted by うるめさん2010/06/04 01:00

山形のJOA被害者さん

初めまして。
コメントありがとうございます。
記事で書いた訴訟のケースと同じく、HPが納品されていないのに支払い義務だけ発生してしまっているのですね。
大変な状況、お察しいたします。

リース会社の「リース会社も被害者」という言葉も全く分からないわけでもないのですが、発注者だけが大きな損を被ってしまう現状は明らかにおかしい気がします。

いろいろと調べてみましたが、商品が納品されていないケース、またはその商品に明らかに欠陥がある場合はリース契約を無効にできることもあるようです。
以下、参考までに。
■中小企業庁・リース契約の中途解約について
http://www.chusho.meti.go.j...

■リース契約に関するトラブル
http://www.sansokan.jp/akin...

ホームページリースについてはまだ事例がなさそうなので、この大阪の訴訟が1つのモデルケースになるかもしれませんね。

Posted by おさむさん2010/06/12 18:41

JOAにホームページ製作、ホスティングサービスとして、37800円/月x72ヶ月のリース契約をH16年よりH22年6月までで完済。しかし、追加機能(携帯から編集できるソフト)をつけ、販売促進キャンペーン中だから17か月分をただにしますからということで、H20年に37800円x72ヶ月をさらにNECキャピタルとのリース契約をした。HPの保守には何も役に立たなかった。そこでH22年にJOAが(計画?)倒産し、リースが17ヶ月二重に支払うことになり、オフィス24が乗り込んできて、HPを維持してやるから、といって、電話交換機のリースを組まされ、後で、契約書を見るとHPに関することは何も無く、たんに全く利用価値の無い交換機のリース代、18000円x72ヶ月だった。解約には応じてくれない。

Posted by 静岡県joa被害者さん2011/05/31 19:37

NECキャピタルの全くの責任逃れ、事務的対応には、
ただただ腹立たしいだけです。
もうNECと名のつくものは絶対に手をだしません。

Posted by 池田 栄子さん2012/03/26 15:19

シーシーシー債権回収株式会社から リース代払わないなら 裁判手続きします。と 損害金プラスして 送られてきました。

消費者センターに相談しましたら いきさつと 
契約の 内容を 詳しくしりたいので 資料請求 するように 指導されました。 

月35000円で 倒産して 1年は 払いましたが ホームページがなくなって 消えてから 1年払っていません。

まさかNECが こんな 無責任な 会社とは おもいませんでした 

Posted by 被害解決方法さん2013/01/08 15:51

三井住友ファイナンス&リースの件ですが、残金を処理することができました。ご報告まで

コメントはこちらから(管理人承認後に掲載されます)

お名前
コメント