生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険ウィズユー管理人のブログ

ホームページ制作会社で働いている管理人の私的ブログ。

「忙しい人」と「仕事ができる人」の20の違い

2012/01/27[ 雑記 ]

知り合いの経営者さんから教えていただきました。
読んでてドキッと感じることが多く、「仕事ができる人」に早く移らなければと痛感しました。
ついつい目の前の作業に没頭してしまうと、忘れてしまいそうなことばかり。
これは印刷してデスクの横にでも貼っておいたほうが良いかも!?

その1.
『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。
『仕事ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。
その2.
『忙しい人』は、終了時間への認識が甘い。(なんとなく終わったらいいな~的な)
『仕事ができる人』は、絶対にここまでに終わらせるというスケジュール意識が強い。
その3.
『忙しい人』は、納期意識がギリギリ。(納期寸前で作業にとりかかるので、その仕事のみに集中してしまう為に効率が悪い。)
『仕事ができる人』は、前倒し。(納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。)
その4.
『忙しい人』は、せっかくスケジュールを作っても、緊急事態・トラブルで乱れっぱなし。
『仕事ができる人』は、緊急事態・トラブルでスケジュールが乱される事がほとんどない。
その5.
『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかり、仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。
『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。
その6.
『忙しい人』は、「プライベートの時間を、とれたらいいな」的にしか考えていない。
『仕事ができる人』は、「プライベートの時間は絶対にとる」と最優先的に考え、その時間をホントに大切にする。
その7.
『忙しい人』は、相手の期待よりちょっと低い仕事を行い、手直しで時間をとられる。その為に誉められる事も少なく、モチベーションも上がらない。
『仕事ができる人』は、相手の期待を少し上回る形の仕事を行うので、手直しがほとんどない。そのためお客様や上司から誉められる事も多く、モチベーションもアップしていく。
その8.
『忙しい人』は、ホントはやらなくてよい仕事をたくさん抱えている。断るという事が苦手
『仕事ができる人』は、自分しかできない仕事が中心。頼まれた仕事を断る事ができる
その9.
『忙しい人』は、仕事にとりかかって、段取りを考える
『仕事ができる人』は、段取りを考えて、仕事にとりかかる
その10.
『忙しい人』は、段取りを考える時間を短時間で済まそうとする。
『仕事ができる人』は、段取りを考える時間を十二分にとる
その11.
『忙しい人』は、根回しがヘタ。仕事が完成した後に、関係者から異議がでて、トラブルシューティングに奔走する
『仕事ができる人』は、根回し上手。仕事を始める前に、重要な関係者をリストアップし、根回しを完了させる。仕事完了後に関係者からの異論はほとんど出ない。
その12.
『忙しい人』の優先順位は、納期期限が中心。納期が迫っているモノが優先順位が高い仕事になっている
『仕事ができる人』の優先順位は、仕事の効率とその仕事の目標への寄与・貢献度。
その13.
『忙しい人』は、集中できる環境を作る事ができない。電話や誰かが話しかけてきて作業の邪魔をする為に、同じ事を何度も考えないといけない。
『仕事ができる人』は集中できる環境を作る事ができる。誰も思考や作業を邪魔しない環境を作る事ができる。
その14.
『忙しい人』は、携帯電話にかける数より、かかってくる本数が多い。
『仕事ができる人』は、携帯電話にかける数の方が多い。携帯電話にかかってきて仕事を中断させられる事態を、先手を打つ事で防いでいる。
その15.
『忙しい人』は、自分が他人に頼んだ事を忘れている。頼んだ相手も、頼まれた仕事を忘れており、それがトラブルを生み出す。
『仕事ができる人』は、自分が他人に頼んだ仕事は決して忘れない。時折、チェックも入れるので、相手も忘れることができない。
その16.
『忙しい人』は、他人に事を頼むのがヘタ。依頼する際の打合せがヘタな為に、完成物を自分で手直しするのに時間がとられる。(人に頼まずに、自分でやった方が速いといった事になる)
『仕事ができる人』は、他人に事を頼むのが上手。依頼する際の打合せで詳細にイメージ合わせをする為に、完成物の手直しなどがほとんど発生しない。
その17.
『忙しい人』は、学習する時間をとれていない。いつまでも同じやり方で仕事をしている。
『仕事ができる人』は、どんなに忙しい時でも学習時間の確保を行っている。学んだ知識をもとに、もっと効率的な仕事のやり方を求めて、いつもチャレンジをしている
その18.
『忙しい人』は、同じような仕事でも、イチイチ考えながら仕事をしている。
『仕事ができる人』は、同じような仕事が発生したら、考える事なく、仕事ができる仕組みを作り上げている。
その19.
『忙しい人』は、運動などにも時間がとれなかったり、睡眠不足で仕事をしてしまう。時には徹夜も。そのため体調不良をおこしたり、身体に無理して仕事をしてしまう。それが原因のミスも生まれたりしてしまう。体調によりモチベーションも不安定になる。
『仕事ができる人』は、適切な運動を定期的に行い、十分な睡眠をとり仕事を行う。体調不良によるミス、集中力欠如によるミスは少なく、常に安定したモチベーションを維持している。
その20.
『忙しい人』は、「忙しい状態」を甘んじて受け入れてしまっている。
『仕事ができる人』は、「忙しい状態」事は絶対にイヤ。受け入れる事ができないと思っている。

のりカップ開発者から学ぶ「プロになるための5つの条件」

2011/07/25[ 雑記 ]

皆さん、「のりカップ」ってご存知ですか?
ワールドカップじゃありませんよ、「のりカップ」です。

なんだそれ?という方は、下の写真を見てみてください。


のりカップ

分かりますか?
よくお弁当に入っている、おかずを小分けするプラスチックのカップありますよね。
なんとこの商品は、それがのりで出来ててカップまで食べることが出来るんです。
お弁当を食べたときにゴミが出ないので、「地球に優しい!お弁当をきれいに食べた本人も嬉しい!」なアイデア商品です。素晴らしい発想ですね。
のりカップ


22日は、この「のりカップ」を開発された有限会社アネストの宮田社長のお話を聞いてきました(私も所属している中小起業家同友会の神奈川県県南支部の例会です。)。
1時間半もの講演でしたが、お話はノンストップで続き、笑いとアイデアの刺激を常に感じられる楽しい例会でした。

のりカップ誕生までのお話、開発してからのメディア戦略、テレビ取材の反響とその裏話。
そして、3月11日の東日本大震災の影響。
実はこのノリカップ、開発は神奈川県の同社にて行っていますが、在庫管理や袋詰めは宮城県の南三陸町にある倉庫で行われていました。
当然地震・津波の被害は大きく、ダンボール1000箱に入った商品は全てが流されたとのこと。
さらには商品を包む袋(パッケージ)を作る協力会社さんも被害を受けて袋の製造ができず、地震後しばらくは販売ができなかったというのです。

お弁当商品というのは4月が一番売れるそうです。入学シーズンの4月はお弁当を作る人のモチベーションが上がるからというのが理由のようです
当然同社でも2月と3月には急ピッチで商品を作り上げ、来る4月に向けて商品を倉庫に置いていた矢先の出来事ですから、経営へのダメージはそうとうなものだったと思います。
それでも宮田社長からは「現地へ行ってテレビでは放送できないようなひどい状況を見てきた。自分の状況はまだまだ恵まれていると思った。金融機関からお金を借りて頑張りなおせば済む話」という言葉。
宮田社長のこういう前向きな気持ちが苦難を乗り越え、新しい何かを生み出せる秘訣なのだろうなと思いました。


さて、タイトルの「プロになるための5つの条件」
宮田社長が、社会人になる大学生への講義で話したことなのですが、とても共感できる内容でしたので最後に紹介します。

(1)自ら高い目標を設定して頑張れること
「自分にはちょっと難しい・・」と感じてしまう目標をあえて設定し、それの実現に向けて頑張れる人です。

(2)約束を守ること
これは社会人としては当たり前ですね(自分のことは棚に上げて言ってます)。

(3)準備をしっかりすること
宮田社長はイチロー選手を例に出していました。いつも球場に一番に行き練習をするイチロー選手。プロは準備の大切さを分かっているということですね。

(4)代償を払うことを恐れない
自分の時間(時にはお金)を犠牲にすることを恐れずに、目的達成に向けて頑張れる人です。

(5)努力は最後には必ず実るということを本気で信じられる
最後にメンタルです。
それも一瞬だけの気持ちだけではなく、常にその気持ちを継続して持っていられるということですね。スポーツでいうなら試合のときだけでなく、練習のときからその高い気持ちでいることが大事なのですね。


というわけで、ノリノリな宮田社長の講演レポでした。
のりカップ、スーパーなどで見かけたら是非一度買って試されてみてくださいね。
のりカップ
宮田社長のブログも読みやすいのに深い記事が多くていいですよ。
http://ameblo.jp/norinorianest/

ビジネスマッチング企画「ビジネスリゾート」@川崎

2011/03/09[ 雑記 ]

告知です。
7月21日に川崎にて、神奈川県の中小企業のビジネスマッチング企画「ビジネスリゾート2011」が開催されます。
地元川崎の企業様はもちろん、神奈川県全域から中小企業の方々がブースを出展し、自社製品をアピールされます。
その出展予定数は150ブース。
多数の催し物も予定されており、さらには入場料無料というお得なマッチング企画です。

弊社はブース出展こそはしませんが、会のHP運営など裏方で協力させてもらっています。
http://kanagawa.doyu.jp/biz/

ご興味がおありの方はぜひいらしてください。

送料無料のアマゾンってすごい!

2010/11/28[ 雑記 ]

今更な記事ですが、アマゾンの送料無料ってやっぱりすごいですね。
普段は書籍購入にアマゾンを使うことが多いのですが、今回初めて日用品を買ってみたのです。
買ったのはこちらです。


耳かき300円


そう、耳かき。
3本セットでわずか300円の耳かきです。

アマゾンでは金額にかかわらず全商品が送料無料です(以前は1500円以内は有料でした)。
たった300円の商品ですから、どんな包装でくるのかと思ったら、書籍購入のときよりもしっかりとした包装で届きましたよ。

小額の商品でも2日待てば無料で届いちゃうんだからすごいですよね。
アマゾンの影響で本屋さんが苦境に立たされていることはよくニュースで聞きますが、書籍にかかわらず様々な小売業がダメージを受けているんじゃないかと思います。
品揃えや値段、関連情報(利用者レビューなど)ではもうアマゾンには勝てません。
お客さんの目の前に商品を置いて手にとってもらえるというのが店舗の強みであり、「今すぐ欲しい」と思わせる仕組み作りが生き残りの鍵になりそうですね。

どうでもいいですが、最近っていろんな形の耳かきがあるんですね。

耳かきグッドデザイン

グッドデザイン賞受賞の耳かきです。その名は「爽快ソフト耳かき(3連ループタイプ)」。
使用感が気になります。

ノーベル経済学賞「失業手当が増えても失業率は改善しない」

2010/10/12[ 雑記 ]

2人の日本人科学者がノーベル賞をとり大きなニュースとなりましたが、昨日11日にはアメリカ・イギリスの学者がノーベル経済学賞を受賞しました。

受賞の対象となった研究は「失業手当と失業率の関係について」。
3人の研究は、企業が求人を行っているにもかかわらず職を求める失業者が常に存在することに着目し、たとえ企業とこうした失業者のニーズが合致してもそのときの経済政策や規制によって必ずしも失業率が改善しないことを説明しました。
そのうえで、失業者が受け取る失業保険などの公共サービスを増加することはむしろ失業率を上げる原因にもなると主張していました。
王立科学アカデミーでは、今回の選考理由について「3人の立てた理論は、金融政策や公共経済などの研究に応用することができる」と評価しているとのこと。

なんだか色々と考えさせられる研究ですが、欧米では日本以上に失業の長期化と失業率の高さが問題になっており、話題的にもまさにタイムリーな受賞になりましたね。
理論の内容も一度読んでみたいものです。

東京国際マラソン、落選しました。。。

2009/10/14[ 雑記 ]

東京国際マラソン
ぜひ一度参加してみたいと思っていた東京国際マラソン。
8月の抽選に応募していたのですが、本日に東京マラソン事務局より連絡があり、落選してしまいました。。。

といっても、今回の倍率はなんと8倍以上
当選するほうが超ラッキー、落ちて当たり前なので仕方ないなという気持ちです。

ちなみに、事務局からきたメールは以下のとおり。
----------------------------------
このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いました
ところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今後、参加料の未入金者が多かった場合には、追加当選者を出すことがございます。
その場合、11月下旬頃に再度『東京マラソン追加当選のお知らせ』にて通知させて
いただく予定です。
----------------------------------

追加当選の可能性もあるのですが、これも倍率がものすごいのでしょうね~。
人生に一度あるかないかの機会なので、来年もまた応募し、ぜひ当選して東京マラソンにチャレンジしたいものです。

水都大阪2009に超巨大アヒル出現

2009/09/14[ 雑記 ]



大阪で8月22日から10月12日の期間で開催される水都大阪2009(http://www.suito-osaka2009.jp/)に、超巨大アヒルが登場したようです。
当初はイベント初日から登場する予定だったそうのですが、縫製がしぼむトラブルがあり、その後修理をし9月10日から一般に公開されたとのことです。

写真をみれば分かりますが、ありえないくらいデカいです。
高さは9.5メートル、幅は11メートル。

下の写真なんかは、ビルに巨大アヒルが反射して映っています。
こういうシュールなものを見ると、実際に大阪に行ってみたくなりますね。


(クリックで写真を拡大できます)