生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険ウィズユー管理人のブログ

自転車保険は儲かるか? AU損保、自転車保険の販売を継続

携帯会社の保険会社としてスタートした「AU損保」が、これまで期間限定で販売していた100円自転車保険を11月1日以降も継続して販売しています。

(参考)au損保、"月額100円"の自転車保険『100円 自転車プラン』を11月1日発売


これまで放置状態であった自転車を対象にした補償と、100円というワンコインで加入できるお手軽さが受けたのか、顧客からも「月々100円の自転車保険の販売を継続してほしい」という要望があがっていたようです。
もともと自転車保険は、昔は各損害保険会社からも販売されていたのですが、利益率が悪化したのか大して売れなかったのかは分かりませんが、自由化以降は各保険会社とも売り止めの傾向にありました。
といっても、自転車事故の補償が存在しなかったわけではなく、一般生活の事故・ケガを補償する個人賠償責任保険・傷害保険がその役割を果たしていたのですが、実はこちらも単独で加入させてくれる保険はほとんどなく、火災保険に特約でつける個人賠償特約で加入するというのが一般的でした(一般的といっても普通の人にはほとんど知られてなく、知る人ぞ知るお得な特約だったわけです)。


さて、今回の自転車保険ですが、はたしてAU損保は儲かっているのでしょか。
個人賠償責任保険(または特約)が日常生活中の全ての事故を補償範囲としているのに対して、AU損保の自転車保険では自転車運転中のみに限定されています。
保険金額は後遺障害が450万円、個人賠償が1000万円とそれなりの金額が補償されています。
一方で保険料は年払いで1,070円です。
最近では自転車事故に関するニュースをメディアでもよく見かけるようになり、先日には自転車の危険運転が原因で起きた対自動車との交通事故について、自転車の責任を明確にし実刑をだした判決もありました。
(参考)自転車で死亡事故起こし実刑判決 「守られない交通ルール」のツケ

自転車の運転責任がクローズアップされることで多額の賠償費用を負うケースも今後も増えていくでしょうから、自転車保険が儲かるかというと、私としては収支を見るとほとんど利益は出ないんじゃないの?という気がしています。


といっても、当然AU損保としても自転車保険を売るために開業をしているのではなく、海外旅行保険や自動車保険などの他保険種目にも進出し、「携帯から保険に入る」という文化を作り上げていこうとしているのだと思います(ドコモはすでに海外旅行保険・自動車保険を販売していますね)。
その意味で、加入のお手軽さと社会ニーズにマッチした自転車保険は、AU損保が最初に取り組む保険として損得とは別の価値が大きい商品なのかもしれません。


(追記)
以前、携帯販売ショップで携帯を販売するときに月額数百円のアプリも一緒に提案するという売り方がありました。
一定数のユーザーは解約が面倒だったりそのこと自体忘れてしまうので、毎月毎月数百円を支払い続けてしまうのです。たかが数百円といえど、膨大な数のユーザーから支払われ続ければ大変大きな額になります。
もしかしたら数年後には携帯ショップで保険の提案を受けることもあるかもしれないですね。その可能性も考えると、携帯損保が販売する保険はピンポイント補償よりも、漠然とした日常生活事故を対象にした保険のほうが利益メリットが多くなるのかなぁなんて気がします。