生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険ウィズユー管理人のブログ

進むアフィリエイト会社の再編

2010/03/30[ Webのこと ]

アフィリエイトサービスを提供する会社どうしの合併が進んでいます。
アフィリエイト業界もその参入障壁の低さから今や様々な会社が参入しており、競争がかなり激化しているのだと思われます。
またアフィリエイト以外にもドロップシッピングやSEO、CCPといったWeb系広告の種類が増えて、結果的にアフィリエイト広告に流れる資金も限界が見えてきているのではないでしょうか。

(以下、プレスリリースより一部抜粋)
-------------------------------------------------------
■リンクシェア・ジャパンとトラフィックゲートが合併
楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島 彰己、以下 三井物産)は、成果報酬型インターネット広告事業を展開するアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)で、三井物産の子会社であるリンクシェア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:津田 圭吾、以下 リンクシェア・ジャパン)と、楽天の完全子会社でアフィリエイトサービスプロバイダーである株式会社トラフィックゲート(本社:東京都港区、代表取締役社長:小宮山 晋太郎、以下 トラフィックゲート)とを、2010年5月1日付けで合併させることに合意し、本日合併契約書に調印しましたのでお知らせいたします。尚、合併後の存続会社はリンクシェア・ジャパンです。

1. 合併の背景・目的
両社の株主である楽天と三井物産は、三井物産が2004年に設立したリンクシェア・ジャパンの合弁パートナーである米国LinkShare Corporationを楽天が2005年に買収したことを契機に、楽天グループのトラフィックゲートとリンクシェア・ジャパンの協業、連携の可能性につき協議を行ってまいりました。

EC市場の堅調な伸長に合わせアフィリエイト市場の拡大が今後も予想される一方で、同市場における競争環境は激化しており、顧客(広告主、アフィリエイト・パートナー)はより効果的でネットワーク規模の大きいサービスを選択する傾向が顕著になっています。このような環境下、過去10年間国内大手EC系企業への販売支援で培った運営ノウハウやサービス展開力に強みを持つリンクシェア・ジャパンと、証券業やクレジットカードといった金融系企業の新規顧客獲得におけるコンサルティング力やメディア開拓力を持つトラフィックゲートの特性を融合・強化させることで、顧客(広告主、アフィリエイト・パートナー)に、より広範かつ深化したサービスを提供できると判断いたしました。

今後、リンクシェア・ジャパンとトラフィックゲートがそれぞれ提供するアフィリエイト・サービスのプラットフォームの統合、アフィリエイト・パートナーの共同開拓、アフィリエイト・パートナーのID共通化によるシームレスなサービス、楽天グループのビットワレット株式会社が提供する電子マネー「Edy」や楽天スーパーポイントによる報酬支払いの多様化等、様々な形での顧客(広告主、アフィリエイト・パートナー)への付加価値向上策を実現してまいります。

2009年ベースでリンクシェア・ジャパンとトラフィックゲートの取り扱うアフィリエイト広告による物販の流通総額は約4,000億円に上るため、今回の合併により流通額ベースではASP業界NO.1の事業者が誕生することになります。

また、新会社は、楽天ならびに三井物産が積極的に事業展開を推進している、成長著しいアジア地域への展開を目指します。さらに、米国LinkShare Corporationが既に欧米で提供しているサービスと連携することで、統一ブランド「LinkShare(リンクシェア)」による世界初のグローバル・アフィリエイトサービスプロバイダーとなります。今後、グローバル展開をしている広告主に対し、一元的なサービスを世界各国で提供する体制が整います。
-------------------------------------------------------

週刊ダイヤモンド「保険をリストラ」

今週の週刊ダイヤモンドは、保険特集号です。
題して「保険をリストラ」。
私も購入はしましたが、まだじっくり中身を見れてません。
パラッと見た感じでは、保険の選び方・入り方の解説という感じですね。

Part 1 生保・基礎編 保険のイロハを学ぼう!
Part 2 生保・見直し編 あなたの保険は大丈夫?
Part 3 生保・見直し編 プロお勧めの商品はどれ?
Part 4 生保・見直し編 どこに頼めば安心できる?
Part 5 損保編 3メガ時代に突入へ!

ヤフーの検索エンジンが、インデックスアップデートされたようです

2010/03/14[ Webのこと ]

簡単にいうと、インデックスアップデートとは、検索エンジンがサイトを評価する基準を変えたということ。
つまり、検索エンジンの順位が変わるということです。

WebやSEOの仕事をしていると、このアップデートはかなり大きなニュースでして、例えばECサイト(ショッピングサイト)を運営しているとこのアップデートの結果次第で売り上げが数倍または数分の一にもなることがあります。
私はECサイトは持っていないので大した影響はありませんが、私が作成・運営している下記サイトも今回のアップデートで順位を変えました。
糖尿病でも入れる保険の専門サイト

嬉しいことに順位は上がりました。
「糖尿病 保険」というキーワードで検索すると1位に表示されます。

といっても、検索エンジンとは気まぐれなものですので、いつまた下位に下がるか分からず一喜一憂しているわけにもいきません。
絶えまない運営努力が必要ということですね。

韓国旅行の海外旅行保険 宿泊日別に保険料をまとめてみた

海外旅行保険では評判の高い損保ジャパン社の海外旅行保険の旅行先別保険料を整理してみました。今回は韓国旅行編です。
自分が海外旅行をするときに一覧で見れたら便利だなぁと思い作ってみたものですが、皆さんにも役に立つかもしれませんので公開します。

【宿泊日数別の保険料表】

  PAタイプ PBタイプ PCタイプ
1泊2日 1,830円 2,250円 2,750円
2泊3日 1,960円 2,390円 2,920円
3泊4日 2,100円 2,550円 3,090円
4泊5日 2,320円 2,780円 3,400円
5泊6日 2,530円 3,030円 3,710円
6泊7日 2,700円 3,230円 3,950円
7泊8日 2,860円 3,390円 4,140円

旅行目的は「観光」を選択しています。
管理人うるめが独自に調査して表に整理したものですので、補償内容の詳細や、オプション追加などによる正式な保険料を知りたい場合は、損保ジャパン社のHPから直接お見積もりを取られてみてください。
損保ジャパン(海外旅行保険)

【各プランの補償内容】

  PAタイプ PBタイプ PCタイプ
死亡・後遺障害 1,000万円 2,000万円 3,000万円
治療費用 1,000万円 1,500万円 2,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 50万円
救援者費用 1,000万円 1,500万円 2,000万円
航空機遅延費用 10万円 10万円 10万円

家族での旅行については、人数分加入できて保険料がお得になるファミリープランやカップルプランもあるようです。